作業服には色々な種類が存在しており、季節などによって使い分けることで作業を快適に行うとともに作業を効率良く進めることができます。今回は暖かい季節に着る春夏用と寒い季節に着る秋冬用の作業服について紹介していきます。

春夏用の作業服

春夏用に着る作業服は生地に薄い素材を使用しており、吸水性や速乾性が高いことが特徴です。ここではそんな春夏用作業服の選び方やメリット、デメリットについて説明します。今後の春夏用作業服を着る際の参考になれば幸いです。

秋冬用の作業服

秋冬用の作業服は厚めの生地を用いており、保温性や防寒性に優れていることが特徴です。ここでは秋服用作業服の選び方やメリット、デメリットを紹介します。これを読むことによって、寒い季節に作業する際の参考になればと思います。

秋冬用作業服の選び方

9月は季節としては秋ですがまだまだ残暑が厳しく、作業服も夏物を着ている人が多いでしょう。しかし9月下旬くらいから涼しくなり始め、10月の終わりぐらいからはヒンヤリする日も増えてきます。となると作業…

秋冬用作業服のメリット

作業服には肌寒くなってきたり、本格的に寒くなってきたシーズンに使える秋冬用作業服というのがあります。これらは夏用のものよりも厚手に出来ている場合が多く、屋外で作業に従事する場合でも寒さを感じること…

秋冬用作業服のデメリット

作業服を新調する場合は

一年を通して快適に仕事をするために、季節に合わせて作業服の衣替えをする職場が増えています。もしも秋冬用の作業服を新調する機会があるならば、特徴を把握しておきましょう。秋から冬にかけて、気温が急激に低くなります。空気も乾燥しますので、身体に悪影響を与える可能性があります。職場で働くスタッフの健康を守るためにも、秋冬用の作業服は保温性を重要視しましょう。木綿は保温機能が高いので、秋冬用の作業服に最適な素材です。雨や雪にも強い素材を取り入れたいならば、ポリエステルがぴったりです。ほかに、デニムも作業服に適した生地です。ただし、秋冬用の作業服は生地が厚くなりがちなので、動きにくいというデメリットがあります。

デメリットを克服するコツ

保温効果を重視するために、秋服用の作業服は厚手の生地を用いることが多いです。そのために、作業をする時に動きにくくなるというデメリットがあります。そのような場合には、デメリットを克服するためのコツを会得しましょう。まずは、薄くても保温機能が高い素材を選ぶことが重要です。木綿とポリエステルの混合は、軽い素材として重宝されています。動きやすい上に速乾性も優れているので、秋服用の作業服に適しています。マイクロフリースなどの新素材も、軽くて温かいために、作業服の生地として使用されています。尚、空気が乾燥すると、静電気が発生しやすくなります。秋冬用の作業服に帯電防止加工をすれば、スタッフが安全に働くことができます。